坪内祐三/『キネマ旬報』

2010年4月下旬号

  • 読んでいるとどの映画も見たくなる···──芝山幹郎『映画は遊んでくれる』清流出版

2010年7月下旬号

2012年8月上旬号

  • 知られぬ人 沢彰謙

2012年9月下旬号

  • 日活映画と「日活映画」

2012年11月下旬号

2013年7月下旬号

  • 飢餓海峡」は「にっぽん泥棒物語」と合わせて論じなければならない

2013-年9月上旬号

2014年2月下旬号

  • 野上龍雄 私にとっての野上龍雄は「鉄砲玉の美学」と「現代やくざ 血桜三兄弟」の脚本家である

2014年7月下旬号

  • 日本映画の中で私は鈴木則文監督が一番好きだったかも知れない

2014年9月下旬号

  • 信頼する評論家の好みが反映された365本──芝山幹郎『今日も元気だ映画を見よう 粒よりシネマ365本』KADOKAWA

2015月1月下旬号

2015年2月上旬号

2015年4月上旬号

  • 特集「酒中日記」 ないんだけど、あたかもあるかのように······〝文壇〟というフィクションを、撮る/内藤誠 坪内祐三 司会・構成=高崎俊夫
  • 映画館大転換期を想う──斉藤守彦『80年代映画館物語』洋泉社

2015年8月下旬号

  • 映画の観方を知る、学ぶ──小林信彦『女優で観るか、監督を追うか 本音を申せば』文藝春秋

2016年3月下旬号

2016年8月下旬号

2016年11月上旬号

2016年11月下旬号

2017年5月下旬号

2018年5月上旬号

2019年1月上旬号

  • 写真集『いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。小西康陽責任編集・大映映画スチール写真集』(DU BOOKS)発売6カ月経過記念・特別映画放談 好きな大映映画のことだけを/小西康陽 坪内祐三 取材・構成=寺岡裕治

2019年2月下旬号

  • 渚ようこ 「新宿伝説」の中に永遠に生きる